ネット時代のECサイト構築

ECはエレクトロニックコマースの略で、要はネットを利用した通信販売のことです。 今やこの機能を使わないと商売ができないと言われるぐらいの成長株で、ECサイト構築は深い関心が寄せられています。 ECサイトが扱うものとしては通信販売、オンライン書店、オンラインDVD、ネット問屋、ネット銀行、音楽配信など多岐にわたります。 大手企業は別として、個人商店がECサイトを活用する場合は、低コストで高機能を持ったサイトを大企業並みに駆使できるので非常に有利です。 サイトを構築してくれる業者はかなりの数に登り、集客争いに火花を散らしています。

ECサイトを構築する利点としては、自社の商品サービスを売るので、認知、信頼されやすい、 ブランド戦略などのマーケティング戦略が容易、会員機能を持たせることである程度顧客を確保できるなどのメリットがあります。 欠点としてはサイトを構築するための設備投資がかかることで、初めて構築するときは果たして効果があるかどうかと、迷ってしまいます。 いまは構築を請け負う側も、専門の相談員を配してきめ細かく要望を聞き、豊富なデザイン、簡単操作を中心に様々なアドバイスをしてくれるので、失敗はありません。 中にはスタート後しばらくは相談員が常駐してくれるところもあります。問題はスタートしたあとの維持、管理をどう進めるかという点ですが、 定期的なマガジンの配信、クレジット決済、コンビ二決済に対応する程度のサービスやきめ細かくメッセージを取り替えるといった配慮は必要でしょう。